Verifpal and Piccolo

これはSymbolic・Softwareです。

私たちは、応用暗号ソフトを作っています。
(また、日本で一番人気のオセロソフトをmacOSで作っています。)

私たちの物語

Symbolic Softwareは、フランス・レバノン人の応用暗号学者・ソフトウェアエンジニアであるNadim Kobeissi氏の暗号コンサルティング会社として2017年に設立されました。

2017—2020: 暗号技術のコンサルティング。

2017年以降、シンボリック・ソフトウェアは300以上の暗号およびソフトウェア監査を主導し、参加してきました。ナディムと彼の共同研究者は、Mozilla Thunderbird内のPGP暗号化における重要な脆弱性の発見を支援し、RememBearなどのパスワードマネージャのより安全なデバイスペアリングプロトコルの設計を支援し、さらにMetaMaskなどの重要な暗号通貨技術の監査と安全性の確保にも取り組みました。

最近では、Linux Foundation と協力して、ヨーロッパで最も重要な COVID-19 連絡先追跡アプリのいくつかを監査しました

2021—: インディーズ・ソフトウェア・プロジェクト。

2021年初頭、Nadimが独立系スタートアップ企業であるCapsule SocialのCEOに就任したことを受けて、Symbolic Softwareの暗号サービスを停止しました。

それ以来、シンボリック・ソフトウェアはインディー・ソフトウェア・プロジェクトを発表してきました。その中には、なぜか日本のMac App Storeのチャートで4ヶ月連続してトップになった小さなオセロ・アプリのPiccoloや、PC、Mac、Linux、Nintendo Switch向けに発売予定の野心的なパズル・ゲームのDr. Kobushi's Labyrinthine Laboratoryなどがあります。

BlogTwitterSource

© 2017-2021 Symbolic Software • 🇬🇧 EnglishリーガルEmail